虫歯治療(ダイレクトボンディング)|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

スタッフブログ

TOPスタッフブログ虫歯治療(ダイレクトボンディング)

カテゴリー

虫歯治療(ダイレクトボンディング)

2018.11.12

先日ダイレクトボンディングという虫歯治療の勉強会に参加してきました。

改めて聞いてもやっぱり素晴らしい治療方法だと感じましたヽ(´▽`)/


虫歯になってしまうと元には戻りません。
銀歯を入れたり、被せ物をしたり…
その場合、銀歯の安定、噛み合わせなど色々なことを考慮し、虫歯の部分だけではなく健康な部分も大きく削る必要があります。
銀歯は完成までに時間を要します。
その間、仮のフタをつけた状態になります。石膏模型上での作成になるため、段差が出やすく、その段差に汚れが残り虫歯のリスクが上がります。新たに虫歯になった場合は、銀歯ごと取り換える必要がある為、新しい銀歯を入れる際は更に大きく歯を削らなくてはいけません。
なので一度、治療した歯は再び虫歯になるリスクも上がり歯の寿命が縮まってしまいます。

ダイレクトボンディングという治療方法は、歯科用顕微鏡やそれに合わせた特殊な器具を用い、虫歯以外の部分は出来るだけ削らずに治療をします。銀歯とは違い直接口の中で歯の形を作っていきます。その為、段差なく精密な綺麗な詰め物が出来ます。
自分の歯に合わせた色で詰めるので見たも綺麗です。
耐久性もあり、今まで通りしっかり噛むこともできます。
もし、新たに虫歯になったり歯が欠けてしまっても、、銀歯のように詰めものを全て外して作り直す必要がなく、悪くなった部分のみを削り、詰めものを盛り足します。

ダイレクトボンディングは
歯に優しく、歯の寿命を縮めない為にはとても良い治療方法です(^.^)

横田。

pagetop