歯ぎしり・くいしばり・顎関節症[|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

設備・診療・システムについて

TOPNEWS&Topics設備・診療・システムについて歯ぎしり・くいしばり・顎関節症「咬筋ボツリヌス治療」

歯ぎしり・くいしばり・顎関節症「咬筋ボツリヌス治療」

2021.01.06

咬筋は食物を咀嚼する時に使われる筋肉で, 歯ぎしりやくいしばりなどが原因となり, この咬筋が必要以上に発達している状態を咬筋肥大といいます。角張ったような四角いお顔になってくるのが特徴です。

ボツリヌス治療とは, 筋の働きを緩和する薬剤を咬筋に注入し, 噛む力やくいしばりの力を軽減させてあげる治療です。

当院では顎関節症やくいしばり、歯ぎしりへ多角的なアプローチを行っております。

●就寝中の歯ぎしりやくいしばり

●歯ぎしりによる歯のすり減り

●噛む力による被せ物や詰め物の破損・脱離

●エラが張ってきた気がする

●食いしばりで起こる肩こりや頭痛

●マウスピースが使えない

などでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

あおき歯科クリニック
092-672-8110
月・火・木・金 9:00-18:30
水・土 9:00-13:00
日祝日休診

pagetop