できるだけ歯を削らない治療・ダイレクトボンディング|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告審美歯科治療できるだけ歯を削らない治療・ダイレクトボンディング

できるだけ歯を削らない治療・ダイレクトボンディング

2018.11.22

通常、歯と歯の間の虫歯は銀歯になります。

下の図のように削れば削るほど、歯の寿命は悪くなっていきます。

そこでなるべく歯を削らない方法としてダイレクトボンディングという治療方法があります。

詳しくは

虫歯治療(ダイレクトボンディング)

 

それでは症例を提示します。

45歳の女性の方でした。ほとんどの歯と歯の間に虫歯がありました。

従来であれば健康な部分を大きく削る銀歯になりますが、歯を長持ちさせたい。という

患者さんの希望がありましたので、ダイレクトボンディングで治療することにしました。

治療後です。

これは上の歯なので見える部分ではないですが、見た目の改善ではなく自分の歯を守るために

とても良い治療です。

pagetop