インプラント治療 その後|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告インプラントインプラント治療 その後

インプラント治療 その後

2020.03.03

左下の歯が腫れるということで来院されました。

歯周ポケット検査では奥から2番目の銀歯の歯が9ミリありました。

歯根破折を疑い、場合によっては抜歯しないといけない。と伝えて治療を開始しました。

するとやはり折れていたので、抜歯になりました。

 

抜歯後は入れ歯・ブリッジ・インプラントについて説明しました。

入れ歯やブリッジでは支えにさせられた歯には負担になります。

 

残りの歯を長持ちさせたい。とのことでインプラントを希望されました。

 

抜歯後2ヶ月を待ってインプラントを埋入しました。

その後3年後の状態です。問題なくなんでも噛める。とのことです。

その時一緒に左上の根が膿んでいる歯も治療しました。

レントゲン上で根の先に黒い影がある歯です。

右のレントゲンが治療後ですが、しっかり治っているのがわかります。

 

今回残念ながら、折れている歯は抜歯になりましたが、

他の歯が長持ちするようにインプラント治療で他の歯を守ることができました。

 

pagetop