歯が折れた(歯の破折) インプラント治療|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告インプラント歯が折れた(歯の破折) インプラント治療
インプラント審美歯科治療マイクロスコープ
年齢 56歳
性別 男性
主訴 左下が腫れた
治療 インプラント

左下が腫れたということで来院されました。

前歯の治療もおこないました。詳しくはhttp://www.apollonia-dc.com/case/前歯を綺麗に%E3%80%80セラミック治療%E3%80%80歯茎の移植/

レントゲンで歯の周りに黒い影があります。

根の先を中心に黒い影が広がっていれば、根の治療をすれば治る可能性がありますが、このレントゲンのように歯を包むような影がある場合は折れている可能性が高いです。

かなり腫れているのがわかります。折れていると保存することができず抜歯しないといけません。

このように縦にヒビが入っています。

抜歯した後の治療方法は、ブリッジ・入れ歯・インプラントになります。

隣の健康な歯を削りたくない。という希望がありましたので、インプラント治療をおこなうことになりました。

歯を抜くと、骨や歯茎がやせてしまいます。

そこで、インプラント埋入時に人工の材料を使用しGBRといって、骨の幅を増やす治療もおこないました。

幅が増えています。

まず仮歯を作製します。

仮歯を一定期間、お口の中に装着し咬めるか、物づまりが無いかなどを確認します。

最終のセラミックの被せ物を装着しました。問題なくお食事ができているそうです。

治療前と治療後を比較します。

インプラント治療を選択されたので、隣の歯を長持ちさせることができます。

pagetop