歯を長持ちさせたい(MTAセメントによる直接覆髄 ダイレクトボンディング )|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告マイクロスコープ深い虫歯でも歯を長持ちさせたい(MTAセメントによる直接覆髄 ダイレクトボンディング )

深い虫歯でも歯を長持ちさせたい(MTAセメントによる直接覆髄 ダイレクトボンディング )

2019.03.07

大きい虫歯の場合、虫歯を取り除くと歯の中の神経まで達してしまい、俗に言う「神経を取る治療(根管治療)」を行わないといけなくなります。

しかし、根管治療はとても難しく、病気が再発してしまう場合があります。

また根管治療をするためには歯を大きく削らないといけないので、その後にかぶせ物を入れても、歯自身の強度は弱くなってしまいます。

 

そこでできるだけ歯を長持ちさせる治療法として『MTAセメントによる直接覆髄』という方法があります。

具体的には露出した神経・血管にMTAセメントで覆うことで神経を残せる方法です。

 

神経を残すことで歯を削る量が大きく減り、歯の寿命が延びます。

 

その後ダイレクトボンディングを行い、精密な治療を行うことができました。

pagetop