歯周病患者さんに対し歯周組織再生療法(エムドゲイン)を行なった症例|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告審美歯科治療親知らずが原因の歯周病患者さんに対し歯周組織再生療法(エムドゲイン)を行なった症例
審美歯科治療歯周病治療再生療法マイクロスコープダイレクトボンディング
年齢 37歳 
性別 女性
主訴 左下が治療途中
治療 精密根管治療 歯周組織再生療法 ダイレクトボンディング

左下の一番奥は金属の土台のままで治療が中断されており、被せ物が装着されていませんでした。

症状は無かったのですが、緑の矢印部分は歯周病が進行し、レントゲン上で黒く色が抜けており

支えている骨が溶けている状態でした。

赤の矢印部分の歯と歯の間には虫歯がありました。ここはダイレクトボンディング をしています。

歯周病に対してはエムドゲインを使用した歯周組織再生療法を行いました。

支えている骨が溶けているのがわかります。

治療後のレントゲンです。

左の治療前のレントゲンに比べ、黒い部分が白く写っているように、骨が再生しています。

一番奥はセラミックの被せ物をしました。

歯周病は無症状のまま進行することも多く、治療後メインテナンスを続けるかによって歯の寿命に大きな差が出てしまいます。

ですので定期的に検診することをおすすめしています!

pagetop