1本のセラミックを精密に歯に合わせる 日本顕微鏡歯科学会(マイクロスコープ) 認定医動画|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

症例報告

TOP症例報告審美歯科治療1本のセラミックを精密に歯に合わせる 日本顕微鏡歯科学会(マイクロスコープ) 認定医動画

1本のセラミックを精密に歯に合わせる 日本顕微鏡歯科学会(マイクロスコープ) 認定医動画

2019.06.27

日本顕微鏡歯科学会(マイクロスコープ) 認定医になりましたので

症例を報告させていただきます。

印象(型採り)直前に圧排糸(糸)を入れることで

歯肉(歯ぐき)と歯の境目がきれいに出ているのがわかります。

 

ちなみに圧排糸をいれずに型採りした模型です。

違いがわかると思います。(隣の小さい歯は圧排糸をいれている)

 

大事なことは

①歯を削る時

歯肉を傷つけないように・スムーズに削る。

スムーズでないとガタガタなので歯に対して、仮歯やかぶせものが適合しにくい。

 

②仮り歯(プロビジョナルレストレーション)

歯と段差がないように作成する。段差があると歯肉に炎症を起こす。

 

③圧排糸を入れる時

歯肉を傷つけないように、出血しないように入れる(歯肉に炎症があると出血する)

歯ブラシの状態が悪いと容易に出血します。

 

④印象時

境目をきれいに出す

 

マイクロスコープがあれば、この一連の流れを精密に行うことが可能になります。

 

 

 

 

pagetop