消毒・滅菌システム|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

設備・診療・システムについて

TOP設備・診療・システムについて

カテゴリー

痛みが少なく歯石が取れたら!

2018.12.09

先日、当院で使っていないタイプの歯石等を取る器材、超音波スケーラーのデモンストレーションに来て頂きました。主に歯石取りに使う事が多いのですが、これはうずらの卵の表面で実験中です。力もあまり入れなくても表面の模様が取れました。そうなんです、うずらの卵の表面の模様って、取れるんですよ!すいません、話はそれましたが、スタッフの口で実際に歯石取りをしてみましたが、振動も痛みも少なく歯ぐきの中にも挿入する事が可能です。実は私自身も超音波スケーラーでの掃除されるのが得意ではないですが、患者さんに少しでも負担が少なく処置出来るならいいなぁと思ってます。山口でした続きを読む

レントゲンの機械変わりました セファロ付き CT

2018.08.16

  3Dのレントゲン撮影ができなくなったのを機にレントゲン撮影機械を新しくしました\(^o^)/  解体中の様子~!!機械一つ一つの部品が大きいので入れ換え作業をしてくださる方々もすごく大変そうでした(・・;)  翌日には新しい機械に変身!  見た目も配置も変わっておりビックリ!セファロと呼ばれる顔全体を立体的に撮影できる装置も入りました(*´ω`*)  スタッフ全員で操作方法を教えていただいている様子です!  学生時代にセファロを見たことがなかったのでガラッと変わったのがすごく新鮮でした。 ただ、操作方法が全く変わっているのでレントゲン撮影がおぼつかない感じがまだありますが暖かい目で見守りください( ノД`)…  昨日でお盆休みも終わり、また今日から診療スタートです!皆さんお気をつけてお越しください(*´ω`*) 続きを読む

できるだけ歯を抜かない治療を

2018.07.30

左上が痛いということで来院されました。下の左右の歯は数年前に痛みがあり、すでにボロボロの状態でした。右下の虫歯はかなり大きくて深く、さらに根の先に膿がたまっている状態でした。(レントゲンで黒く写り、骨が溶けている)この虫歯はC4という状態で本来であれば抜かなければなりません。しかし、歯を残したいという患者さんの希望がありましたので歯を抜かずに治療することにしました。そこで、部分的に歯を引っ張る矯正治療を行いました。こうすることで深い虫歯の部分が浅くなり残すことが可能になります。左の写真が治療前、右が治療中です。右の写真は白いプラスチックの土台の下に全周茶色の歯があるのがわかります。その後型取りをして被せ物を装着しました。根の先が膿んでいるところもマイクロスコープによる治療で治すことができました。治療終了時の全体の写真です。残念ながら左下は抜歯になりインプラント治療をおこないましたが、右下は歯を抜かずに残すことができました。 当院では、できるだけ歯を残す治療をこころがけています。 続きを読む

ピエゾサージェリー

2018.07.26

今年の夏コーンスープ作りにはまっている永露です。今週から、こちらの器具が仲間入り致しました。ピエゾサージェリーは、超音波性の歯科用器具です。60種類以上ある先端のチップを交換すると、インプラント・親知らずの抜歯・歯周病の治療など、様々な用途に使用でき、歯肉などの軟組織を傷つける事なく、歯や骨を削る事が出来ます。骨量不足などでインプラント治療が困難な方へも、治療の可能性を高められ、治療の選択肢が広がります。安全で患者さんのご負担の少ない治療を、提供出来るように、スタッフ一同心掛けしております。   続きを読む

再生治療を!的確なインプラント治療のために。

2018.07.19

先日まで行われていた山笠に参加させてもらっている息子が初めて台上がりをさせて頂き、 興奮覚めやらない母の山口です。当院では再生療法の一種であるCGFを導入するに当たり説明会がありました。主にインプラントの治療をする時に骨が吸収してしまってインプラントが入れられないケースに使用します。CGFは、専用の遠心分離器で患者様の血液から遠心分離して生成したフィブリンと傷の治療や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。骨の再生にこの「CGF」は自分の細胞、組織を使っているので拒否反応もなく、骨の再生スピード、質ともに素晴らしいものがあります。歯科で採血!!と思われると思いますが、歯科にも再生治療が進んでます!まだまだいろんな利用方法が出来るんでしょうね(゚∀゚)続きを読む

エアロシールド(空気感染対策装置)

2016.05.27

当院の天井のあちらこちらに、このような装置があるのをお気付きになったことがありますか?私達が普段吸っている空気には、非常に多くの菌・ウイルスが存在しています。この装置「エアロシールド」は、空気の自然対流を利用して室内全体を殺菌してくれます。当院には5台設置しています。その効果の評価はとても高く、慶應義塾大学病院や九州大学の研究施設、その他多くの医療機関・介護施設・保育施設などにも設置されているそうです。 当院にはたくさんの患者さんが来院してくださるので、目に見えない空気感染のリクスを確実に抑えたいと考えています。あおき歯科クリニックのスタッフ間で、風邪やインフルエンザが流行ったことがないのは、このエアロシールドのおかげかな、と密かに実感しています(^^)続きを読む

患者さんをお迎えする前の準備

2015.12.08

「○○さ〜ん。どうぞ中にお入り下さい。」いつもそのようにお声掛けして、治療のお部屋に入って頂いています。その前にどのような準備をしているのか、ご紹介しようと思います。前の患者さんに使用した器具は全て取り外し、きれいに拭きあげます。毎回毎回このようなまっさら状態にします。机の上にはその患者さんに使うものだけを置くので、いつもは何にもありません。それは、歯を削る時のしぶきが1メートル以上飛び散ってると言われているからです。必要な治療道具を、必要な時に、どの都度棚から取り出して使います。それを治療台の机の上にセットして準備完了!こういう風に皆さんをいつもお迎えしています。ただでさえドキドキする歯科治療ですが、私達はいつも清潔な環境でお迎えできるように心掛けています。続きを読む

歯を削る機器 〜感染予防対策のお話〜

2015.09.24

2014年5月の読売新聞でこんな記事が取り上げられたのをご存知ですか?あおき歯科では、歯を削る機器(タービンやコントラといいます)を患者さんごとに新しいものに交換しています。これは、開院当初からの取り組みです。一本がとても高価なので、たくさんの数を揃えるのはとても大変なんです。使用するたびにどんどん滅菌していきます。論文『歯科臨床現場における感染予防対策についての実態調査』の報告では、患者さん毎に交換する歯科医院の割合は2割にも達していないそうです。また、使用したタービンやコントラを専用の機械で滅菌処理する歯科医院は全体の3割程度しかないとのこと。当院では、ステリマスターという専用の機械を使って高温滅菌しています。ですが、歯を削る機器の内部構造はこのようにものすごく複雑です。この内部に汚れが逆流して入っていきます。いくら滅菌しても、この中に血液や唾液が残っていたらと思うとゾッとしますよね。ですので、滅菌の前に、内部に入り込んだ汚れを「クアトロケア」という機械で一本一本自動洗浄しています。あおき歯科ではこのように感染を防ぐための取り組みや機械を色々と導入しています。患者さんには見えない部...続きを読む

当院の消毒・滅菌システム等について

2015.05.08

何回かに分けて、当院の消毒・滅菌システム等について紹介させていただきます。治療については聞くことができるけど、「この器具ちゃんと洗ってますか?」とはなかなか聞けませんよね。当院では安心・安全な歯科治療を心がけております。 まずは患者さんをお入れする直前の状態です。なるべく台の上には物を置かず、感染が広がらないように配慮しています。 さらに当院のこだわりとして、患者さん毎に交換しているものがたくさんあります。  まずは、シリンジトップとよばれる、水や空気が出る先の部分です。患者さんのお口に触れる回数が多い部分ですので拭くのではなく、交換をしています。なのでこんなにあります。 次はヘッドレストカバーです。治療中ずっと頭をつけているこのカバーも患者さん毎に交換しています。 たまに髪の毛がついていることがあります。お口の中には直接関係はありませんが、ここにもこだわっています。 治療に集中してもらえるように、様々なこだわりがあります。またご紹介いたします!  続きを読む

pagetop