歯周病治療|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

歯周病治療

TOP診療について歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは清掃の行き届きにくい歯と歯肉の境目(歯肉溝)に細菌が停滞し、歯肉の周りが腫れて赤みを帯び、炎症を起こす病気です。
歯周病が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台でもある歯槽骨が溶けて歯がグラグラと動くようになり、最後には抜歯をしなくてはいけなくなってしまいます。

最近では、歯周病が歯だけではなく糖尿病や心疾患など身体全体の健康に大きく害を及ぼしていると言われています。

歯周病とは

歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病になる原因は日常生活を過ごす中で、さまざまなことが考えられます。
歯磨きの仕方が不十分であったり、砂糖を含む物を過剰に摂取するなどが理由で粘着性の高い物質を作り出し、歯の表面に付着していきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、放置してしまうと徐々に硬くなり、歯石という物質に変化し、ブラッシングだけでは取り除くことができなくなってしまいます。

歯周病には痛みがほとんどなく気付きにくいため、悪くなる前に定期健診を行い、予防していくことをお勧めいたします。

歯周病治療について

歯ぐきからの出血、赤く腫れる、膿が出る、歯がグラつく等の症状は歯周病です。
歯垢や歯石が原因で症状が現れ、悪化すると歯が抜け落ちてしまう場合もあります。

症状が軽いうちは、歯石の除去や歯磨きの練習などで改善できますが、症状が重いと、麻酔をして歯と歯肉の境目深くに入り込んだ歯石を除去していく必要があり、治療後も歯周病の進行を防ぐためにアフターケアをしっかりと行います。

歯周病治療について

歯周病チェック

下記の症状に6つ以上あてはまる方は、歯周病が進行している可能性があります。
あてはまらない方も定期健診に通い、悪くなる前に予防していきましょう。

pagetop