5月のコロナウイルス感染予防対策について|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

お知らせ

TOPNEWS&Topicsお知らせ5月のコロナウイルス感染予防対策について

5月のコロナウイルス感染予防対策について

2020.05.14

福岡県の緊急事態宣言の解除に伴い、少しずつ従来の診療体制に戻していっております。

皆様にはご不便をたくさんおかけしたと思いますが、多くの方から応援のお声をいただき、本当にありがとうございました。とても励みになりました。

先月から行なっています当院での徹底したコロナウイルスに対する感染予防策も段階的に緩和していきますが、5月も以下の対策は行なっていきます。

引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、当院では「エアロシールド」という空気を殺菌する空気感染対策用紫外線殺菌装置を各診療室と待合室の天井に設置しています。

感染対策事業

その他、当院では日頃より以下のように感染予防対策を実施していますので、ご紹介します。

【使用機器の滅菌処理・ディスポーザブル】

あおき歯科クリニックでは治療上使用する全ての器具を、洗浄、薬液消毒した上で、高圧蒸気滅菌器やガス滅菌器などの3種類5台もの機器を使い分けて徹底的に滅菌処理を行なっております。

滅菌器の台数の多さは当院の自慢です。歯を削る道具も使用するたびに完全滅菌をしております。

滅菌が終わったものは個別にパックし、使用の直前に開封しています。

コップ・エプロン・トレーペーパーなど、使い捨て出来るものはディスポーザブル(使い捨て)のものにして交差感染対策を行なっております。治療の際に私達が使用しているグローブ(手袋)も、もちろん患者様毎に交換しています。

 

【空気感染対策】

歯を削る時や口腔清掃を行う時は、口の中の菌や削りカスが粉塵として空気中に舞い上がり、舞い上がった粉塵は他の患者様も吸う事になります。

当院ではこの感染を防ぐため、粉塵を吸い取ってしまう強力な口腔外バキューム装置を採用しています。

また、「エアロシールド」という空気中の菌やウイルスを殺菌する紫外線殺菌装置を各診療室と待合室の天井に設置しています。

この装置は、大学病院や大学の研究施設、その他多くの医療機関・介護施設・保育施設などにも設置されており、高い殺菌効果を持つ日本で唯一の空気感染対策装置です。歯科医院で取り入れているところはまだまだ少ないのではないでしょうか。

 

【歯科手術の際の感染予防対策】

インプラントなどの外科手術時は感染のリスクが非常に大きいものとなります。

そのため、器具滅菌や衛生環境は最高レベルを維持しなければなりません。

当院では徹底的な手術時の感染予防に努めるため、通常の診療スペースとは別に専用オペ室を完備しています。

 

その他、私達が使用する手洗い用シンクは各診療室にも1つずつあります。蛇口は、他に触れないようにフットペダル式もしくはセンサー式になっており、共同タオルは使用せず、ペーパータオルを使用しています。歯科医院は治療用器具も多いですし、多くの患者様が来院されるので、そのような細かな部分までも気を配り日々の診療を行っています。

 

皆様もこの時節健康管理に十分な注意をされて、お互いに今の時期を乗り越えていきましょう。なにかわからないことがありましたら遠慮なくお声掛けしてお尋ねください。

pagetop