矯正歯科|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

福岡市香椎浜

tel.092-672-8110

Orthodontics

機能改善の先にある、理想的な美しさを求めて

大人の矯正治療

矯正治療は顎の成長を利用するので、大人になってからでは無理だと諦めている方も多いようですが、矯正を始める時期に決まりはありません。いくつになっても始められます。とはいえ、すでに顎の成長が止まっているので治療期間は長くなり、場合によっては抜歯も必要です。
最近では矯正装置が改良されて、痛みや違和感が少なく、治療期間の短縮ができるようになりました。来院者さまの前向きな気持ちがあれば治療は可能ですので、歯並びが気になる方は、ぜひ一度、カウンセリングをお受けください。

矯正治療の流れ

  1. Step01カウンセリング

    まずは、お口の中のチェックと、お口の中の写真を撮らせていただきます。その後、写真を見ながら現在の問題点や適切な治療のタイミング、ご希望に沿った治療法、おおよその治療期間、費用などをご説明いたします。
    矯正治療は様々な手法があり、ご要望に合わせたプランニングをさせて頂きます。気になることは遠慮なくご相談下さい。不安なこと・疑問点を全て解消し、ご納得頂いた上で、矯正治療をご案内させて頂きます。

  2. Step02矯正治療のご予約

    カウンセリング後、実際に「矯正治療をしたい」とご希望される方は、次回のご予約をとって頂くことも可能です。
    もちろん、ご説明した治療内容やお渡しする見積書をしっかりとご検討して頂いた上で、後日ご連絡頂いても構いません。
    不明点は何なりとお申し付け下さい。

  3. Step03精密検査

    矯正治療を始める際は、まずは精密検査を実施します。
    【検査内容】44,000円(税込)

    • 顔貌と口腔内の写真撮影
    • 精密レントゲン撮影
    • セファロレントゲン撮影
    • 模型の型取り
  4. Step04治療方針の解説・決定

    精密検査の結果をお伝えしながら、治療方針(治療計画・治療期間・使用する装置・治療費等)を具体的にご説明させて頂きます。

  5. Step05治療開始

    矯正装置を装着し、治療を開始していきます。矯正をスムーズに行うためには、治療期間中の注意事項をしっかりと守って頂く必要があります。
    歯磨きの仕方や食事の仕方など、治療以外の部分で注意して頂きたい事もございますので、しっかりとサポートしていきます。

当院で扱う矯正治療

ワイヤー矯正

最も一般的な矯正治療です。
歯にワイヤーを通すことのできる装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーをそこに通して少しずつ歯を移動させていきます。
矯正治療の中には治せる症例が限られてくる治療もありますが、ブラケット矯正は、ほとんどの不正咬合に対応可能な矯正装置です。
ですが、ブラケットは笑った時などに見えてしまうため、気になる方もいらっしゃると思います。透明で目立たないものや、歯と近い色のものもありますので、ご希望に合わせて選択していただくことが可能です。

マウスピース矯正

透明プラスチック製のマウスピース型の矯正装置です。 取り外しのできる透明な装置なので、装着していてもほとんど気づかれることがありません。また、食後に取り外して歯みがきができるので、矯正中の虫歯の心配もありません。
2週間毎に、歯並びに合わせた新しいマウスピースと交換しながら歯並びを整えていきます。特に上下の前歯の軽いズレやねじれの矯正に適しています。
しかし、歯並びのがたつきが大きい場合は対象とならない、長時間の装着が必要、治療期間が明確にならない、などの欠点があります。

アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

インプラント技術を応用した矯正方法です。 顎の骨に矯正用ミニインプラントを埋入し、それを支柱にしてワイヤーを取り付けて歯を引っ張り、歯を動かしていく治療法です。
従来の装置だけでは難しい歯の動きも可能となり、治療期間の短縮にもつながります。

矯正の症例

Case1.

奥歯の歯の治療と同時に全体的な歯並びを整え、機能的で審美性の優れた配置に仕上がりました。

初診時年齢 44歳
性別 男性
治療内容 ワイヤー矯正
治療期間 1年8ヶ月
治療費 80万円
治療リスク 歯を動かす痛み、歯みがきのしにくさ、口内炎
Case2.

前歯が噛んでいないことと、歯の重なりが気になるとのことでご相談を受けました。
歯並びのがたつきがわずかでしたので、マウスピース型の矯正装置で治療を行いました。

初診時年齢 27歳
性別 女性
治療内容 マウスピース矯正
治療期間 1年11ヶ月
治療費 100万円
治療リスク 外している時間が長いと治療が進まない

こどもの矯正治療

一般的にこどもの矯正治療は、乳歯から永久歯に生え変わる(6~12歳頃)「混合歯列期」から始めるのがおすすめです。
この時期はこどもの成長期にあたり、歯の動きが早く、骨を拡大したり移動したりしやすい時期です。顎の成長を利用すると、お子さまの負担が少ない矯正が可能となります。また、この時期に治療を始めることにより、歯を抜いて治療する可能性を低くすることができます。

こどもの矯正治療は2ステップで行います

Ⅰ期治療(小児矯正) 乳歯が永久歯に生え変わる時期(6~12歳頃)にあたります。
顎の成長を利用し、取り外し可能な矯正装置、固定式の矯正装置などを使って矯正します。治療期間は比較的短く、6~12か月程度です。
Ⅱ期治療(本格矯正) 永久歯が生え揃ったあと、13歳~成人になってから行う治療です。
固定式の「マルチブラケット」装置を使用して治療を行います。
(大人の矯正治療に準じた治療内容です)

*「Ⅰ期治療でしっかりと顎の骨格の土台作りをし、Ⅱ期治療で歯並びをきれいに整える」という流れで矯正治療を行うことで、将来、よりきれいな歯並びになる可能性が高くなります。基本的にはⅠ期治療とⅡ期治療はセットとしてお考えください。Ⅰ期治療を受けておくと、そうでない場合に比べ手間をかけずに永久歯を矯正するこができ、時間や費用などを抑えることができます。

I期治療

床矯正(しょうきょうせい)

取り外し可能な矯正装置です。
幅が狭い顎の骨を少しずつ広げ、永久歯が正しく生えてくるためのスペースを作っていきます。
装置の取り外しができる分、来院者さまのご協力が非常に重要になります。できるだけ食事以外の時はおつけ下さいとお願いしますが、装置を外す時間が長くなればその分治療の進みは悪くなります。 矯正治療に協力的なお子さま向けの治療です。

固定式矯正装置

床矯正と同じく顎の骨を少しずつ広げる装置ですが、自分では外せない、くっついたままになる矯正装置です。
取り外しができないため、食事のしにくさや食べ物が挟まりやすい傾向がありますが、24時間矯正力をかけられるため、床矯正よりも確実な矯正を行うことができます。

小児矯正の症例

Case1.

永久歯が生えるスペースがない狭い幅の顎を、固定式装置で広げました。

初診時年齢 6歳 女の子
治療内容 側方拡大(固定式装置)
治療期間 約8ヶ月
治療費 30万円(上顎と下顎)
治療リスク 食事のしにくさやしゃべりにくさ
Case2.

永久歯が生えるスペースがない狭い幅の顎を、取り外し式の矯正装置で広げました。

初診時年齢 7歳 男の子
治療内容 側方拡大(床矯正)
治療期間 約6ヶ月
治療費 30万円(上顎と下顎)
治療リスク 外している時間が長いと治療が進まない
Case3.

逆の噛み合わせになってしまった前歯2本を、取り外しのできる装置で改善しました。
この装置での治療は、生えて間もない永久歯の前歯に対して早期に行う部分的な矯正です。

初診時年齢 8歳 男の子
治療内容 切歯斜面板
治療期間 約3ヶ月
治療費 8万円
治療リスク 外している時間が長いと治療が進まない
Case4.

前歯の歯並びが心配とのご相談を受け、前歯の部分的な矯正と、お口周りと舌の正しい動かし方(口腔周囲筋トレーニング)を行いました。
最終的な矯正は永久歯が全て生えそろってからですが、はやい段階で矯正治療を始めたことで、永久歯での矯正治療の難易度や治療期間を随分と抑えることができます。なにより、矯正のための抜歯のリスクをなくすことができました。

初診時年齢 9歳 女の子
治療内容 部分矯正+口腔周囲筋トレーニング
治療期間 約1.5年
治療費 20万円
治療リスク 食事のしにくさやしゃべりにくさ
Case5.

ガタガタの歯並びが気になるとのことですが、Ⅰ期治療の適齢期がやや過ぎてしまっている年齢でした。
Ⅱ期治療が高い確率で必要なことをご説明し、より強固で持続的な矯正力がかかる固定式装置でⅠ期治療を行いました。
審美的な矯正はⅡ期治療で行いますが、Ⅰ期治療をなんとか行うことができ、Ⅱ期治療の難易度や治療期間を随分と抑えることができそうです。なにより、矯正のための抜歯のリスクをなくすことができました。

初診時年齢 13歳 女の子
治療内容 固定式矯正装置+口腔周囲筋トレーニング
治療期間 約1.5年
治療費 30万円(上顎と下顎)
治療リスク 食事のしにくさやしゃべりにくさ

料金のご案内

  • 矯正治療880,000円~1,100,000円
  • MTM(挺出)33,000円
  • 部分矯正165,000円~330,000円
  • 第一期矯正治療(成長期拡大矯正)330,000円
  • 第二期矯正治療(第一期矯正治療後の追加矯正)550,000円
  • インビザライン加算110,000円

※料金は税込です。

矯正治療のデメリット

矯正治療は自費治療となるため、保険診療に比べ費用がかかります。
矯正の種類にもよりますが、矯正器具を装着する場合は歯が磨きにくくなりますで、念入りにブラッシングが必要です。ご自身で着脱できる器具の場合は、装着時間を守ることが治療の近道となります。

ページトップへ