お口や治療に関するご質問|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

福岡市香椎浜

tel.092-672-8110

Q&A

お口や治療に関するご質問

  • Q.親知らずは絶対に抜かなくてはいけないの?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    いいえ、必ずしも抜く必要はありません。ただし、抜かなくてもいいのは、正しい位置にまっすぐ生えてきてその後不具合を起こしていない親知らずです。最近はそういった問題のない親知らずをお持ちの方はほとんどおらず、何らかのトラブルの原因となっているために抜歯するケースが多くあります。

    当院にも親知らずの放置が原因で、他の歯まで悪くなってしまった方がたくさんいらっしゃいます。

    トラブルになる前に、早めに診断を受けて適切な処置を受けるようにしましょう。

    親知らずを放置した場合にどうなっていくかはこちらをご参照ください。

  • Q.歯ブラシの交換時期はいつですか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    目安は1ヶ月です。 1ヶ月経っていなくても、毛先が広が開いてきたら新しい物に変えて下さい。 毛先が広がっていると汚れが落ちなくなってきます。

    歯ブラシの種類は色々あり、お口の大きさや歯並びに応じて歯ブラシを選ぶと格段に磨きやすくなります。また、歯周病予防なのか、虫歯予防なのか、現在のお口の状態に応じて歯ブラシの毛先の種類も変わってきます。

    どの歯ブラシが一番合っているのか、歯みがき指導のプロである歯科衛生士に是非一度お気軽におたずねください。最適な歯ブラシをお選びいたします。

  • Q.セラミックに審美性以外のメリットはありますか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    セラミックは歯との密着性が高く、また、セラミックそのものに汚れがつきにくいという性質があるため、虫歯や歯周病になりにくいという大きなメリットがあります。劣化しづらい素材でもあるので、寿命も長いといわれています。金属アレルギーの心配もありません。

    当院のセラミックを含めた審美歯科治療例はこちらをご覧ください。

  • Q.再生医療はどの歯科医院でも行っていますか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    再生医療(再生療法)にはインプラント治療で歯を支えている骨の高さや幅を調整するGBR法、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させるエムドゲイン法などがあります。繊細かつ高度な技術と特殊な器具・材料が必要なため、どこの歯科医院でも行っているわけではありません。
    また、あおき歯科クリニックで行っているPRGFなどの特殊な再生医療は、厚生局に申請して施設番号を取得しなければ行うことができません。当院では施設番号を取得し、高度な再生医療を行う体制を整えています。

    当院での再生療法の治療例はこちらをご覧ください。

  • Q.小さな虫歯は治療したほうがいいですか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    CO(シーオー)と呼ばれる初期虫歯の段階は、来院者さまのリスクに応じて予防管理をしながら経過観察をしていく場合もあります。
    経過観察中に虫歯が進行した場合は治療を行いますが、どんな小さな虫歯でも治療するためにはある程度健全な歯も削らなければなりません。一度削った歯は二度と取り戻すことができません。また、削ったところは健全な歯の部分より再発リスクが高くなります。再び虫歯になるとさらに大きく削ることになり、健全な歯を次々と失っていくことに・・・
    そうならないために、あおき歯科クリニックでは、小さな虫歯の内に、虫歯部分のみを最小限に削る「ダイレクトボンディング」という治療を行っております。

    詳しくは、「診療について」ページの「ダイレクトボンディング」をご覧ください。

  • Q.タバコは歯周病と関係あるのでしょうか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    ニコチンの作用によって血流量が減少するため、歯のまわりの細胞の免疫力が低下し、歯周病が進行しやすくなります。ですので、歯周病の予防や治療には、禁煙、節煙が大切になります。お悩みの方は、禁煙外来のある病院をご紹介いたしますので、遠慮なくご相談ください。

  • Q.毎日歯をみがいても虫歯になるのですか?

    お口や治療に関するご質問
    A.

    虫歯は実は歯みがきだけでは完全に予防できないことがあります。
    虫歯は生活習慣病の側面も強く、歯みがきだけでなく、普段の生活習慣を見直してみる必要があります。間食が多い、夜遅い時間に食べる、夜にお酒を飲む習慣があるなど、虫歯菌の餌となる糖が口の中に長時間とどまるような食生活をしていると虫歯になりやすくなります。
    また、口呼吸をしている、ストレスを多く抱えている、お薬を数種類服用しているなど、唾液の量が減少したりお口が乾燥したりする状況が多いと、虫歯のリスクも高まります。
    その他には、詰め物や被せ物があるとその段差に汚れが溜まりやすかったり、歯並びに問題があると歯ブラシが隅々まで届きにくくみがき残しが多くなったりします。
    歯科医院でのクリーニングを受けることで、普段の歯みがきだけでは落としきれない汚れを除去し、虫歯になる前の段階で食い止めることができます。定期的に受診されることを強くおすすめしています。

ページトップへ