神経を残してできるだけ削らない治療|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

福岡市香椎浜

tel.092-672-8110

Case

審美治療マイクロスコープダイレクトボンディングMTAセメント

神経を残してできるだけ削らない治療

初診時年齢 43歳
性別
主訴 虫歯治療
治療内容 マイクロスコープによるMTAとダイレクトボンディング
治療回数・期間 3回
治療費(治療当時) 11万円

43歳の男性 虫歯の治療を希望に来院されました。

親知らずが一部埋まっており、左下の一番奥の歯の頬側と親知らずとの間に虫歯がありました。

虫歯がかなり深かったので、神経に問題がないかを、機械を使用し電気を当てたりして診断しました。

問題ないと判断したので、神経を残す治療をおこないました。

 

その時の動画です。虫歯が深く、治療中に神経が露出しました。本来であればこうなると神経を取らないといけなくなり

歯の大部分を削り被せ物になります。歯の寿命が著しく短くなります。

しかし、MTAセメントを用い直接覆髄で神経を残すことで歯の寿命を伸ばすことができます。

治療後のレントゲンです。まだ親知らずがあった部分は虫歯があります。

ここはとてもアクセスが悪く、歯の健康な部分を大きく削らないと治療が難しいです。

 

この部分もマイクロスコープを使用して削る量を最小限にすることができました。

 

 

神経を残すことができ、最小限の削る量で対応できたので、予知性のある状態で治療を終えることができました。

4年経っても問題がありません。今後もメインテナンスで経過をしっかりとみていきたいです。

ページトップへ