悪い歯を残しておくと|福岡市東区香椎浜の歯医者あおき歯科クリニック

福岡市香椎浜

tel.092-672-8110

Case

インプラントその他の治療

悪い歯を残しておくと

私たち歯科の人間は誰しも歯を抜きたくありません。そのために新しい知識や技術、材料を学んでいます。

 

しかし仕方なく抜かないといけない場合があります。

抜歯について患者さんの痛みなどが伴っていたケースでは説明しやすく、納得していただきやすいのですが

そうで無い場合は手をつけにくい場合もあります。

 

そこで今回「悪い歯を残しておくとどうなるのか」を当院に来院された患者さんの例でご説明します。

 

ケース1

まず左の写真です。

ブリッジと言って2本の歯で橋をかけています。(白く写るのが金属)

しかし、右の拡大した写真ですが、歯の周りの白い骨が吸収して支えとして役に立っていません。
このままではもうひとつの支えである歯に大きな負担がかかります。

右の奥の歯は根の先まで骨が溶けているので抜かなくてはいけないのですが

抜くと入れ歯かインプラントになります。

患者さんは抜歯を希望されませんでした。

 

それから1年半後

手前の歯に負担がかかりすぎて同じように支えている白い骨が溶けてしまいました。

噛んだら痛いとのことで両方とも抜歯になりました。

 

1年前に抜歯をしていれば手前の歯は残せたのですが、患者さんは納得されていました。

 

ケース2

左下が時々腫れる。。

数年前から腫れていたが、仕事が忙しくて来れなかった。

ということでした。

左下(向かって右下)の歯の周りに大きい黒い影があります。骨が溶けています。

右下(向かって左下)の奥歯に歯が無いのを放置してしまっており、左でしか噛んでいなかったので

負担がかかり歯が折れてしまっています。

 

右の写真は参考に折れていないレントゲンです。

緑の線で書いてあるように、本来1つの根が2つに折れてしまっています。

その状態を数年経過してしまったので手前(向かって左の歯)も黒い影に取り込まれてしまっています。

 

右下のインプラント治療もありましたので、折れた歯を抜歯して様子をみながら手前の歯を残せないか

待ちました。

1年以上経過をみましたが、残念ながら骨が回復せず手前の歯も抜歯になってしまいました。

現在、この部分にもインプラント治療を行なっております。

 

痛く無いからといって、悪い歯を残しておくと、健康な隣の歯も悪くなり抜歯になってしまうことがあります。

当然むやみに抜くことはしたくないのですが、お口の中を守っていくためには仕方なく抜歯した方がよい場合もあります。

 

当院では納得して治療を受けていただくために、様々な資料を提示しメリット・デメリットを伝えた上で

患者さんに治療を選択していただいております。

 

 

 

ページトップへ